350年の歴史

序文: ニューワールドの基盤となった比類のない入植地

ヴィル・マリー(後のモントリオール)は、当時、小さな入植地にすぎませんでした。ヴィル・マリーが建設された主な理由はニューフランスの先住民にキリスト教の信仰を伝えることにありました。1611年、現在カナダである地にイエズス会による宣教活動が開始されました。イエズス会の活動報告は時を移さずフランスに広まり、特に、イエズス会で学んだ人々の関心を呼び起こしました。その一人として、ジェローム・ル・ロワイエ・ド・ラ・ドーヴェルシエールが挙げられます。カトリック信者・夫・父親であった彼は、すでに自分の故郷ラ・フレッシュに看護修道女会を創立していました。また、小教区の在俗司祭であった若いジャン・ジャック・オリエ・ド・ヴェルヌーユもその一人でした。彼らは一般人、聖職者、男性、女性、未婚者、既婚者、貴族、中産階級、労働者等、様々の階層の人を集め、パリにノートルダム・ド・モンレアル協会を設立しました。彼らは、キリスト教の初期、ヨーロッパ北部からの宣教師たちが自分たちの祖先にキリスト教の信仰を伝えてくれたので、今度は、自分たちがアメリカの先住民とキリスト教の信仰を分かち合う責任があると考えました。この信念を実現するため、彼らは模範的なキリスト教共同体を入植地に築くことを計画し、融資しました。この目的のため、彼らが選んだ場所はオタワ川とセントローレンス川の合流点にあるモントリオール島でした。入植者を募り、入植地の基礎を築くため二人の指導者を任命しました。その一人は、若い兵士ポール・ド・ショムデ・ド・メゾンヌーヴで、他の一人は、派遣グループの会計を担当し、病院建設の任務を任されたジャンヌ・マンスでした。多くの困難にもかかわらず、モントリオールの基盤は1642年5月中旬までには、約40人からなるグループによって固められました。