350年の歴史

1653年~1699年 : 危険な世界、モントリオールを救った入植者たち

1653年9月マルグリット・ブールジョワはケベックに到着しました。彼女は「大募集団」あるいは「モントリオールを救った入植者」として知られるグループの一員でした。1642年にモントリオールを建設した人々の多くはモントリオールを離れたか既に死亡していました。その頃のニューフランスのフランス系の全人口は約700人と推定されます。セントローレンス川に沿い、1608年にケベック、1634年にトロワ・リヴィエール、そして1642年にヴィル・マリー(現在のモントリオール)が建設されました。アルゴンキンやアブナキ等の先住民はニューフランスと同盟を結びましたが、他の先住民特に勇猛なイロクワ連合は、入植者との戦いを頻繁に繰り返しました。マルグリット・ブールジョワは、大洋横断で病気になった人々を看病するためしばらくケベックに滞在した後、11月中旬にヴィル・マリーに到着しました。外部からの危険にさらされ、減少しつつあった人口のため存在が危ぶまれたモントリオールでしたが、マルグリットとともに来た1653年の入植者のおかげで、モントリオールの人口は2倍以上に増えました。この危険な時期に生きた多くのモントリオール住民と同様、マルグリットは要塞の中に住居を構えました。