350年の歴史

1700年~1762年: 旧政権の終焉 ― 激動の時代

18世紀は平和への期待で開けましたが、平和は長続きしませんでした。1702年、ヨーロッパの王家間の野望により、スペイン継承戦争が勃発し、ヨーロッパ大陸の運命を危険にさらし、ニューフランスを再び争いに巻き込みました。1713年に締結されたユトレヒト条約は戦争を終結したものの、セントローレンス川沿いのフランス植民地の将来に大きな影を投げかけました。この条約により、フランスはアカディアとニューファンドランドをイギリスに割譲し、北部にあった幾つかの要塞もまたハドソン湾会社の要求に屈してイギリスの手に渡りました。これらの領土の喪失は、植民地とフランス本土間の連絡を困難にし、毛皮交易の進展を脅かしました。

しかし、その後約30年間は比較的平和な日々が続きました。毛皮交易は依然として主な収入源で、当時の地方行政長官であったジル・オッカールは、造船、材木伐採、漁業の開発に加え、植民地が必要とした品物の製造に力を入れました。この数年間、植民地の人口は急速に増え、1万9千人弱から1744年には5万人を数えました。

残念なことには、ニューフランスの産業開発は英国植民地にはおよびませんでした。英国植民地の人口は25年毎に2倍に増え、ニューヨーク市の人口だけでもニューフランスの人口を上回りました。この人口増加のため、イギリス植民地は緊急に新しい領地を探す必要に迫られ、ニューワールドでのフランスの主張は障害であると感じるようになりました。この間、中西部での毛皮交易の軋轢も深刻化する一方でした。

1740年代の終わりには、ニューフランスへの敵意は更に悪化し、1754年、七年戦争が勃発しました。ニューフランスの家族、子供たち、そしてその時代に生きた人々と同様、コングレガシオンのシスターたちも北米の運命を変えたこの戦争を生き、苦しみました。シスターたちは、ニューフランスの人々と共に、新しい政権下に生き、それに順応しなければならい不安定な状況に直面しました。